追記

ぼそっとつぶやき


2020年07月17日 ブログ、ワードプレス、マネタイズ、ネイバーフッドエマージェンシーチーム、Resilience Block

_ ブログでお金を稼ぐ方法とか、ワードプレスの使い方とか、マネタイズの方法とか、色々Youtube で、勉強しています。

ネイバーフッドエマージェンシーチームのキーワードでは、日本語のページがほとんどなくて、私のこの場所がグーグル検索トップだったりしますが、CERT Community Emergency Response Team コミュニティーエマージェンシーレスポンスチームだと ”CERT 防災”で検索すると、色々でてくることがわかりました。米国のFEMAのプログラムなのでCERTは、たくさんあるのですが、ポートランドの ネイバーフッドエマージェンシーチームが、最大で、一番進化しています。

Resilience Block みたいな感じで、それまで一つのチームが一つのネイバーフッドを担当していたのですが、複数のチームが、自分の選択した広さをカバーして、近くの消防署を上位組織として構成する形に、ゆっくり移行しています。


2020年07月13日 Multnomah County Democratic Party

_ オレゴン州ポートランド市はマルトノマ群の中の一番大きな市なのですが、Multnomah County Democratic Party 民主党の人種インクルーシビティーワークンググループのメンバーとして、ミーティングに参加しています。

深層民主主義、より深い民主主義が、現在の民主党の中で、どう機能するのか、色々考えながら、試行錯誤、しています。

プロセスワーク関係者、昔は、書類の上手でない人たちが多かったのですが、民主党は、投票と書類で動いていくのが、おもしろいです。


2020年07月12日 プロセスワークコミュニティーミーティング

_ 今日は、エルバが続けてくれているプロセスワークコミュニティーミーティングに参加しました。

来週もズームであります。

https://www.processwork.edu/events/communitymeetings/

途中でメインとバックアップファシリテーターの回線状態が悪化して、わたしがファシリテーションをやることになりました。ソーシャルアクティビズム社会運動から、抑圧者、加害者が、抑圧を自分が受けた側でもある、という内容から、エルダーシップまで、深く行ったと思います。


2020年07月10日 キーワード

_ どんなウェブにするか、いろいろ考えています。どのキーワードをターゲットにするか、どんな風に役に立つウェブなのかなど、考えています。

ワードプレスでなくても、このtDiaryでも、十分でないかとも思ったりしています。


2020年07月09日 Dreamhost でwordpress

_ Dreamhost が意外に Wordpress のホスティングでは評価が高かったので、こちらでホスティングに挑戦。

あっという間に wordpress サイトが立ち上がりました。めでたしめでたし。

初心にもどって、ブログなどで収入を得る方法を勉強しています。無料画像は odan がよいそうです。

https://o-dan.net/ja/


2020年07月08日 雇用保険、COVID-19、ワードプレス、MariaDB

_ unemployment の +600ドルが2020-07-25に終わるので、お仕事関連、色々見直しています。

COVID-19関連は、希望が抗体からT細胞に移行しています。コロナ世界大恐慌は、ラッキーだったら3年くらい終わって、アンラッキーだったら20年くらいで終わると思っています。政権交代というか、クーデターや革命が5つの国以上くらいで起こるのではと思っています。

digitalocean.com で FreeBSD 12.1-RELEASE-p7 でワードプレスをインストールし、google アドセンスで少しブロガーとしての修行をしてみたいと思います。100個記事を書くと見えるものがあるそうなので、興味深いと思いました。でも、よく考えたら1996年にはすでにウェブ作っていたので、多分100個くらいページは作っているような気もしますが。でも、コロナ後のリアリティーで、もう一回やってみたいです。

MySQL と Apache の代わりに MariaDB と Nginx を使いたかったので、以下のページを参考にしました。

https://www.howtoforge.com/tutorial/install-nginx-mariadb-and-php-femp-stack-in-freebsd-11x/

MariaDB はバージョンが10.2ではなく10.4になっていました。 エラーが出たのでFreeBSD に mysql というユーザーを作ってあげました。 ユーザーロックしたらダメだったので、ロックを解除しました。 MySQL もインストールしてみたが、うまくいかなかったので、今日はこれくらいにしておきます。


2020年03月28日 4月に、5回目の天皇メッセージ?

_ 天皇がマスメディアを通じて、意図的にメッセージ発信をしたことが、いままでに、「玉音放送」から、「お勤めについてのお言葉(退職したいな)」まで、4回あるみたいです。

次回、5回目は、2020年4月5日から4月20日あたりに「新型コロナウィルスについてのおことば」が、ありそうな感じがします。

日本が、イギリスやアメリカみたいに、たくさん検査する方向に転換するのは、あっちこっちの医療施設、病院がCODIV-19の感染を広めるクラスターと機能し始めたのが、はっきりしはじめたころでしょうか?

3月22日に、ハウスメイトが、いくつか症状(very low energy and ache at chest)があり。彼のお医者さんはCOVID-19ではない、と言いました。

3月24日に、インフルエンザの予防接種を近くの Safewayの薬局でしました。注射をする人は、マスクと手袋、私も、マスクをもらって装着しました。


2020年03月18日 地球的に考えて、超身近で実現する Portland NET: Neighborhood Emergency Team

_ 今日は、お水と、ゴミ袋を2箱買ってしまいました。スーパーマーケットの棚が、空っぽだったり、半分くらいだったりするするのを見ると、ちょっと気分が憂鬱な感じになりました。

一番下の著作権表示、変更しました。

米国オレゴン州ポートランドのネイバーフッド エマージェンシー チームのボランティア活動について、書こうかな、と思いました。

昔、オレゴンの海岸で会った福島老師と日本の精神的なものについて、色々考えました。

---2020年7月10日追記---

”ネイバーフッドエマージェンシーチーム”というキーワードでは、既にこのページがグーグルトップであることを発見。ちょっと驚いています。要するにだれも日本語ではまだ書いていないのでしょうか?

ちょっぴり調べてみたら、以下のWikipediaの"コミュニティ緊急事態対応チーム"のページが唯一みたいです。今のところ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E7%B7%8A%E6%80%A5%E4%BA%8B%E6%85%8B%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0

CERT: Community Emergency Response Team のプログラムとしてはポートランドのNET Portland NET: Portland Neighborhood Emergency Team

が全米で最大になったのですが、まだまだ日本語で話題にされてないですね。


2020年01月09日

_ 10から12年前くらいの古いページですが、

プロセスワーク 関連書籍http://www.ewsp.cc/main/books/pbooks.html

プロセスワークのページ http://www.ewsp.cc/main/p/p.html を復活しました。


2019年12月18日 1次2次プロセスと意識、無意識、コントロール

_ 昔、transpop トランスポップというウェブを更新していたのですが、よく検索されていたページを復活してみます。

---

1次2次プロセスと意識、無意識、コントロール

1次プロセス=意識=コントロールできる感覚

2次プロセス=無意識=コントロールできない感覚

という理解は基本的に問題無いと思いますが、 本を参照して少しだけ突っ込んで考えて見ました。

アーノルド・ミンデルの日本語訳の済んでいる著書を中心に調べてみ ました。

「プロセス指向心理学」 P36-37では優しさや礼儀正しさに関して、無意識で1次プロセスの例があります ので「一次プロセス=意識」というパターンが修正されていると 思います。

「これは一次プロセスであるが、自分のコントロールのきかない 場所で起こるものであるから無意識ということになる。」

(蛇足ですがP48には専門家以外の人の 「意識」という用語にも触れています。)

「ドリームボディー・ワーク」 P27 では、ほぼ「一次プロセス=意識」、 「2次プロセス=無意識=コントロールできない」と読めそうです。

「一次プロセスは、より意識に近く、内容をふくみ、 私たちの話題にのぼるものである。二次プロセスは、身体症状 のようなあらゆる無意識の現象であり、 人がぼんやりとしてしか気づいておらず、ほとんど関係がないため、 コントロールできないものである。」

「自分さがしの瞑想」 ここでは「1次プロセス=意識」ではなく 「1次プロセス=コントロールできる」という構図も 合いませんが、「2次プロセス=無意識」の方は 問題なさそうです。

P46 「意識は、気づいたりコントロールしたりすることが できますが、一次プロセスはふつう、それがむずかしいからです。」

P45 「これを『二次プロセス』と呼びましょう。これは ふつう、あなたがしていることとか、 しようとしていることとは逆のもの、つまり、『これが自分だ』 と思っている自分に一致しないものなのです。 それは、無意識であり、自分だと思っているものとは逆のものですから、 からだの症状や人間関係のトラブルの源になるのです。」

考察

上記3冊はそれぞれ1985、1986、1990に原書が 出版されており、ミンデル氏の考え方が変遷した とも考えられます。

結論

1次プロセスと意識に関しては、意識的に行なう という表現と「気が付いている」「知っている」 という意味では、=でつないでも良いのでは ないでしょうか。

1次プロセスのコントロールに関しては 簡単なものもあれば、難しいものも あるので、これは独立したことがらと 考えたいと思います。

2次プロセスと無意識に関しても 「無意識的」とか「気が付かずに」 「知らないうちに」という表現は 近いと思います。

2次プロセスは基本的にコントロールが 難しいと思います。やっぱりコントロールが できたら、かなり1次プロセスに近いものだと 思います。

したがって以下のような5つ位の 領域に分けて見てはどうかと思います。

1.意識的でなおかつコントロールできる1次プロセス

2.意識的だがコントロールが難しい1次プロセス

3.無意識的でコントロールができない1次プロセス

4.意識にのぼってきているが無意識的でコントロールのできない2次プロセス

5.無意識でコントロールのできない2次プロセス

3番目が一番理解が難しそうですが、 とりあえず整理しました。

1998年8月17日作成

2006年11月11日更新 アクセスが思ったよりあるので、「」や、句点 ”、”を足して、より読みやすくしました。

2019年12月18日 改行など増やして読みやすくしました。