追記

ぼそっとつぶやき


2021年04月03日 ネイバーフッドエマージェンシーチームと私の歴史 [長年日記]

_ ネイバーフッドエマージェンシーチームに関して、カタカナで書いているのは、どうも今のところ私だけなので、もっと色々書いてみます。

もともとの関心は2011年3月11日の東日本大震災で、1年以上、ウェブにはりついていた経験から出発したような気がします。

地球的に考えて、身近に実現しようと思い、地元に目を向けてみると驚き。大きな地震が来そうなのに、準備がほとんどできていない、という印象でした。

カスケード沈み込み帯で起きるカスケード地震に対する、オレゴンの最初の取り組みレポートが2013年に発表され、2015年にニューヨーカーが書いた1つの記事により、オレゴン州の地震に対する広告費の10年分以上の効果があったのではないか、とも言われています。

https://www.newyorker.com/magazine/2015/07/20/the-really-big-one

私は、2016年からBEECN (Basic Earthquake Emergency Communication Node)というプログラムとネイバーフッドエマージェンシーチームのトレーニングを受け参加し始めました。

BEECNのウェブはこちらです。

https://www.portlandoregon.gov/pbem/59630

活動をすると記録することになっているのですが、記録を見てみると、今までに、両方のプログラム合計で366時間の活動をしています。BEECNの方は、あまり活動していないので、ほとんどがネイバーフッドエマージェンシーチームの活動だと思います。


2021年04月01日 「『ポートランド』本当は住みにくい?実際に移住してわかった本音-Best8-」という文章 [長年日記]

_ 以下のリンクはBooさんという方がポートランドに2年移住して書いた「『ポートランド』本当は住みにくい?実際に移住してわかった本音-Best8-」という文章です。私は1996年から住んでいるので、もう見えなくなってしまっている部分が、あるなと思いつつ、けっこうリアルな感じがします。他の都市と比較しているのがおもしろいです。

https://hatchstudioinc.com/archives/23786


2021年03月26日 FreeBSD 12.2 [長年日記]

_ FreeBSD 12.2 へアップグレードしたら、tDiary が動かなくなりました。

freebsd Could not find rake-13.0.1 in any of the sources (Bundler::GemNotFound)

というメッセージで、どうもgem と bundler が、見つからなくなっているようだったので

gemは

> cd /usr/ports/devel/ruby-gems

> sudo make deinstall RUBY_VER=2.6

でversion 2.6 をアンインストールしてから

> make install

で2.7をインストール

> gem install bundler

してからtDiaryのディレクトリーへ行って

> bundler

すると、また動き出したようで、ほっとしました。

2020年9月3日の内容と、ほぼ同じ作業だったようです。

http://www.ewsp.cc/home/jiro/?date=20200903


2020年10月15日 新型コロナ 国別 統計 動画 [長年日記]

_ この画像何度も見てしまいました。

新型コロナ感染の数字は、だいたい15倍から50倍くらい、やりかた次第で違った数字が出てくる可能性があるのに対して

死者の数字は、2倍から3倍くらい、場合によっては5倍くらい、数字がずれる可能性がある感じがしています。

なので、死者数を見ていると、1週間から2週間くらい感染者より遅いですが、比較的リアルな実態を反映していると思います。

感染者数、死者数でグラフを作っている場合も多いですが、人口あたりの人数にしないと、あまり意味が無いような感じがしています。

https://youtu.be/-Fo9C9Qo-nw


2020年09月27日 インフルエンザ予防接種

_ 一昨日、インフルエンザの予防接種をセーフウェイでしました。注射をしてくれた人によると、新型コロナの準備で、ワクチンのための冷蔵庫の準備をし始めているようです。


2020年09月17日 人類の絶滅を160年より長くする方法

_ 人類の絶滅を160年より長くする方法は、実は簡単なのではないか、と思い出しました。

それは、特別なことではなくて、じつは、すでに、毎日していることだからです。

リサイクル、お肉を食べるのを少し少なくする。台風と地球温暖化の関係に思いを馳せる。冷蔵庫のドアを開ける時間を少し短くする。車に積みっぱなしになっている重いものを、少しだけ少なくする。

だから、あとは、ちょっぴり改良したり、ちょっと頻度を増やしたり、気分が乗ったら、他の人と話したり、他の人がちょぴりましなやり方をしていないか、調べてみたり。

最近とても気に入っている考え方があります。"Too Small to fail"「失敗するには小さすぎる」、という考え方です。

なんでもフラクタル、ホログラフィックに考えて、失敗と呼ぶには小さすぎるくらいな本当に小さなサイズでスタートして、試してみるのです。上手く行ったら、少しづつスケールアップしていきます。

人類の絶滅を160年より長くする方法は、きっと私の人生が1日くらい長くなることをしたり、自分の好きな組織やグループ、関係が、1日くらい長く存続することを考えたり、実行したりすることにあると思います。

逆に言うと、いま地上にいる人類や組織、個人や、関係は、大なり小なり、タナトス傾向が、ちょっと強いというか、マイルドでゆっくりな自殺傾向というか、ちょっと生きることに、存続することに興味があまりない傾向があるのが、わりと普通なんだと思います。

自分のことをちゃんと世話したり、しっかり健康管理したり、関係性の改良をしたり、グループや、御近所、家族にちょっと良い事したりすることって、現在の多数派の、普通の価値観では、異常なこと、少数派のすること、変な人がやること、という風にみえるのだと思います。

プロジェクト・ドローダウン、興味深いです。 冷却材の管理が、一番環境に重要というのは、ちょっと意外でした。

https://youtu.be/x7pnBvduRgs


2020年09月03日 FreeBSDのメンテ tDiaryが動かなくなった

_ FreeBSDのメンテをしたらtDiaryが動かなくなったので、ついでに5.1.3へ更新しました。

ruby はpkgからインストール。gemはなぜかpkg で見つからなかったので、portsからインストール。rakeも消えていたのでgemからインストール。gemでいろいろ更新。

>sudo bundler

 で、またtDiaryが動作するようになりました。

tDiary は、いつものように、拡張子が.rbの最初に指定してあるrubyの置き場所を変えることと views の下にあるフッター footer.rhtmlの著作権表示を書き換えています。


2020年09月02日 FreeBSD python 回りのアップグレード libarchive と 念のため openssl

_ FreeBSD のメンテナンスをしていて、python 回りのアップグレードが失敗。

I was updating FreeBSD. Python related upgrade failed.

freebsd ImportError: Shared object "libffi.so.6" not found, required by "_ctypes.so"

というエラーメッセージ。色々試しているうちに以下のページにたどりつきました。

https://unix.stackexchange.com/questions/84301/freebsd-cant-install-python-2-7

そこにに書いてあるように、 libarchive と 念のため openssl もインストールしたら、直ってしまいました。

I just follow the article reinstalling libarchive and openssl. the problem was solved.


2020年08月30日 ホモサビエンス種の絶滅までの時間を伸ばすプロジェクト

_ manablog の坂内 学さんのウェブやyoutubeを最近たくさん見て影響を受けています。中でも夢を実現するには書くだけというyoutubeビデオが

https://youtu.be/O9_iClAV-fw

シンプル過ぎるけど、結構リアルでもあり、私もやってみました。ついでに時々やっている、「死ぬとしたら2分リスト」もやりました。

「死ぬとしたら2分リスト」も、どこか自己啓発系の本で学んだような気がする方法です。

まず20分くらい時間を確保して、最初の2分で「もしあと3日で自分が死ぬとしたら、なにをやりたいかのリスト」を書き出します。

次に「もしあと3週間で自分が死ぬとしたら、なにをやりたいかのリスト」を2分で書きます。

あとは、3ヶ月、3年、30年と2分づつ使ってリストを書きます。最後の2分間は、全体を見回して、書き残したやりたい事柄のリストを書きます。

この体験を通じて、自分の中に強く残ったのが、「ホモサビエンス種の絶滅までの時間を伸ばすプロジェクト」です。

私のなんとなく把握している範囲で、人類はあと100年(アインシュタイン)から200年位で種として絶滅してしまうのではないか、だいたい、あまりまだ詳しくないのですが、ざっくり160年くらいかな、と思っています。

環境関連、ある程度は、調べたり、参加したり、ポートランド、オレゴン州に住んでる土地柄、調査研究旅行のガイドの仕事の関係上もまちづくり、都市計画的な視点からは見てきました。

最近、それ方面が、すこしコロナ関連、BLM関連対応もあり、ぼやけていたのですが、焦点がまたクリアになった感じです。

もっと勉強、調査して、この160年を伸ばして行くのに、私にできることでリジェネラティブ、リジェネレティブ、サステイナブルな貢献方法と展望ビジョンを展開させていきたいと思っています。


2020年08月06日 プロセスワーク日本語ウェブ研究

_ プロセスワークのサービスが日本語のウェブで、どのように表現されているのか、しらべてみました。